4.10.20 4.10.20 成績の評価方法に関する概要

メイソン市立学区

年長(キンダーガーテン)から12年生までの遠隔学習と成績評価基準の概要


現在我々は一人残らず未曾有の時を過ごしており、個人的にも、社会的にも、そして職業に於いても、現状が私達の生活に与える影響は計り知れないものとなっています。, メイソン学区は、今置かれている, 大変な, 時にあっても, 私達がメイソンコメットの精神を反映した形での教育とその教育を介しての子ども達の学習環境をご提供する. ことを皆様にお約束して参ります。. 私共のコメットケアというアプローチは、非常に稀有な現在の環境に於いて、, 学区の生徒とご家族に、変化する状況に敏感で公平な、, そして思いやりのあふれるケアの実現を可能にしてくれるものです。.

私共の評定へのアプローチは、, 私達の文化的に根ざした以下の原則を反映したものです。:

私達が、この新しい遠隔授業に慣れていく期間の私達の最重要懸案事項は、, 何よりもまず、学区の生徒たち学習を確実なものとし、健やかな生活を保証することです。. この未曾有の状況下では、生徒の成績は、, 生徒の学習に於いては二次的なものです。 .

私たちの学校のチームと、学区の生徒、そしてご家族との間での固い絆とオープンなコミュニケーションは、, 生徒たちが従事していく学習を支援するための, 不可欠な要素です 。.

生徒たちとそのご家族は、この世界的な危機の間にとても幅広い経験をされることとなるでしょう。. 生徒たちが直面している挑戦を要する状況と、, 現状が我々には対処の方法がない状況であるとの認識の中で、, 私達の成績の評定方針は、いかなる状況に置かれている子どもにとっても有害なものであってはなりません。 .

キンダーガーテンから5年生までの遠隔学習と成績評価


注記: キンダーガーテンから5年生までの 生徒は、, 従来の評価表ではなく、標準的な学習内容の理解をベースとした点数での評価を受け取ります。. 標準的な学習内容の理解度に基づいた点数は、生徒が標準的な内容に関する習熟度に関する情報を共有するものとなります。.

  • 生徒は遠隔学習経験に従事し、その学習の進捗が期待されます。. 生徒は課された課題に応じた活動に従事し、電子メール(キンダーから4年生までの生徒)やSchoology(5年生)に宿題を提出します。 (もし生徒が更にサポートが必要な場合、ご家族及び生徒は、) 担任の先生に連絡を取り、 (質問、. 5). 必要な手助け、, そして, 懸念などを伝えて下さい, 。.
  • 積極的に遠隔学習に従事している生徒は、第二学期の成績に「問題なし」とされます。. RLEの期間中に出題される宿題や、課される課題活動は、生徒の標準的な学習内容の理解の維持、または向上を目的としたものです。.
  • 私たちの学校のチームは、コメットケアの精神で遠隔学習に従事できていない生徒とつながるために最大限の努力をして参ります。. 教師は、, 所属している学校のチーム (学校長、, 及び教頭、, カウンセラー, そして、必要な分野の支援教育者), と共に, RLE学習や課題、そして活動に生徒が従事していくために必要な支援方法を決定するために、生徒や家族と繋がるためにあらゆる努力を行います。.
  • 遠隔学習に従事できていない生徒, , または基本的な学習内容に関しての理解が十分なレベルにない生徒は,, 閉鎖が開始された時点での彼らの標準的な内容に関する習熟度を反映した評価を受け取ることになります。. 私たちの学校のチームは、各生徒を支援するためにあらゆる努力をして参ります。. 生徒たちが、学校の教育チームから支援があってもなお遠隔学習に従事することができない場合, , 学校の教育チームは、生徒の家族の協力を頂きながら、該当生徒の学習のために将来的な方向を決定していくことになります。 .

6年生から 6-12 12年生までの 遠隔学習と成績評価

注記: 6年生から 6-12, 12年生までの生徒は、 (AからFの評価で).  評定で評価を受け取ります。, 成績は、学期ごとに計算されます。. 取得単位は、各学期の終わりに授与されます。 今年は二学期の期末試験はありません。 .

  • 生徒は遠隔学習経験に従事し、その学習の進捗が期待されます。. 生徒はSchoologyで履修しているコースにログインし、RLEの課題や支持された活動を提出することによりRLEに従事していることを示します。, 学習及び活動内容は、学習内容の理解度を証明できるような段階的な学習内容を含みます。. もし生徒が更にサポートが必要な場合、生徒は、担任の先生に連絡を取り、質問、必要な手助け、, 懸念などを伝えて下さい, 。.

  • 積極的に遠隔学習経験に従事している生徒は、第二学期の成績については「問題なし」と判断されます。. 遠隔学習における任意の段階的な課題及び指示された活動は、生徒の第二学期の履修科目の成績を下げることはありません。, すなわち. RLE中の活動に於ける評価は、生徒自身の遠隔学習開始当初 (4月 6, 2020). の成績を下げることはありません 。遠隔授業の課題及び指示された活動の評価次第では、生徒は成績を維持または向上させることができます。

  • 私たちの学校のチームは、コメットケアの精神で遠隔学習に従事できていない生徒とつながるために最大限の努力をして参ります。. 教師は、, 所属している学校のチーム (学校長、, 及び教頭、, カウンセラー, そして、必要な分野の支援教育者), と共に, RLE学習や課題、そして活動に生徒が従事していくために必要な支援方法を決定するために、生徒や家族と繋がるためにあらゆる努力を行います。

  • 遠隔学習に従事できていない生徒, , または基本的な学習内容に関しての理解が十分なレベルにない生徒は,, 「不完全(Incomplete)」の評価を受け取ることになります。 私たちの学校のチームは、各生徒を支援するためにあらゆる努力をして参ります。. 生徒たちが、学校の教育チームから支援があってもなお遠隔学習に従事することができない場合, , 学校の教育チームは、生徒の家族の協力を頂きながら、該当生徒の学習のために将来的な方向を決定していくことになります。.

トップにスクロールします